可動域を広げる

関節の可動域を広げようと
いきなり伸ばしたり引っ張ったりは事故の元
まずは、延ばす前の準備をしましょう

【1】内腿の筋肉のマッサージ
・右膝を曲げ踵を身体に寄せる。
・膝を避けて手の平を腿の内側の載せる。
・息を吐きながら体重を乗せるよう圧をかける。
・息を吸いながら圧をゆるめる。
・ふくらはぎの筋肉も軽く潰すように圧をかける。

掌の位置をずらしながら、
身体の声に耳を傾けてみましょう。
ピリッと痛む場所は特に丁寧に圧を調節してね。
脚を入れ替えて、左脚も同様に
左右差も良く観察して下さいね。
【2】両膝を同じ方向に曲げ、
外腿も同様に圧をかけマッサージする。

【正】背筋と肘を伸ばし、上体に余計な力を入れない
【誤】背中肘が曲がると、肩や首等に
余計な力が入ったり
圧のかけ方が安定しにくい。

がに股傾向のある方は、
膝上部分の内外を特に丁寧に
ほぐしておいて下さいね。

圧のかけ方はあくまで
「気持ちイイ」の範囲でね

関連記事

  1. 春菊の効能

  2. 身体がカタイ!

  3. 臀筋ストレッチ

  4. 腕のストレッチ

  5. 雑穀米の効果

  6. 白内障

PAGE TOP