春は、タケノコ

タケノコの薬膳的性質

「寒性」で身体の余分な熱をとりイライラをクールダウンしてくれます。

また、肺の働きを助け、咳や痰を改善します。

食物繊維も豊富で、お通じを助けます。

ただし、冷え性、胃弱、氣血両虚の人は、

身体を冷やし過ぎたり、消化の負担にならないように

食べ方にちょっと工夫が必要ですね。

もともと冷え性の私は、今回は“温め食材の王様”生姜と一緒に炊き込みご飯にしました。

雑穀米で炊いたのは初めてでしたが

イイ感じでしたよ♪

旬の味覚でデドックス

筍、タラの芽、うど、ふきのとう、、、

春が旬の食材はアクの強いものが多いですよね。

このアク(苦味)が、冬の間に体内に溜まったモノを排出して

活動しやすいよう後押ししてくれるのです。

芽吹きの季節の春こそ、デドックスの季節!

旬の食材を取り入れて

三寒四温の不安定さに負けない

免疫力強化な生活を楽しみましょうね。

関連記事

  1. マスク生活の口呼吸リスク

  2. 茄子の効用

  3. 笑顔

  4. 可動域を広げる

  5. ”きゅうり”の漢方的効果

  6. 認知症って、生活習慣病⁉︎

PAGE TOP